真空管仕様の機器は低・高額製品とわず極めてシンプルな回路で作られています。よって音質(製品のグレード)は部品の品質レベルにより作られているといえます。とくにその部品の中でもカップリングコンデンサーは音質の良し悪しを決める重要な部品です。当社のチューンアップはその重要な部分を高品質なもの(80万以上の製品に使用されるレベルの部品です。)に交換し、必要に応じて配線や抵抗、コンデンサー等の交換を行います。チューンアップ効果として、とくに音の密度(音楽的表現力)が増し、音源の定位と奥行間が、旧型アンプであっても見違えるほど向上します。
ある時代からかトランジスターやI Cに座を奪われ、印象も薄くなっていた真空管アンプが、最近ではかなり増えてきたといえます。「今更なぜ?」と思う方もいるでしょう。しかしある要素によって確実に真空管アンプの音質が向上し、普及し始めているのです。
その要素とは、高性能カップリングコンデンサーにあるのです。中でも高性能フィルム型は材質の種類も増え、もともと質の良い中高域が更に向上し、薄いと言われていた低域も十分再生されるようになりました。またフィルムとオイルのハイブリットコンデンサーが登場するなど真空管機器にとっては新時代を迎えたといえます。複雑な回路構造をもたない真空管機器にとって、その部品の性能がダイレクトに反映し、真空管特有のふくよかな中域に加え、ピークまでスムーズに立ち上がる高域と濃厚で厚みのある低域が得られるようになったのです。
また間接要素として、ソースがレコードからCDに変わりその録音技術が格段に向上したことと、ハード面においても音楽情報の読取り精度が低額クラスの製品でも良くなってきたことで、低額の真空管アンプでも音の質感が補われ「古臭い音」のイメージが打破されたと言えます。
音の解像密度を上げるとともに、それぞれ球のもつウイークポイントを改善し、低・中・高と音のトータルバランスを最適化します。使用するカップリングコンデンサーは、出力管やお客様の好みに対応できる様、各種取り揃えてあります。もちろん、全てエグゼクティブ級のハイパーコンデンサーです。下記では代表的な出力管を例に挙げ、チューンアップの方向性を簡単に説明しています。
※テストには現在流通されている25〜35万クラスの真空管アンプを使用しました。
6550A 出力管のなかで最も中高域に艶があり、ボーカルの聴き味は抜群に良い球です。また、奥行きのある表現力豊かな低域を放ちます。その反面、中域では若干切れが甘いので、中低域の抜けを良くするチューニングが必要です。
KT−88 音に厚みがあり歯切れが良く、リズム系の音楽には相性の良い球です。低・中・高と音のバランスは優秀ですが、少々滑らかさに欠けているので中低域の伸びを良くするチューニングが必要です。
300B シャープで鋭い高域特性とコシのある低域は、トランジスターアンプに近い音質と言えます。真空管としては少々中域が細みなため、場合によっては「ドンシャリ」に近い音になっていることが多く、できるだけ中域に厚みをもたせたチューニングが必要です。
新・旧問わず真空管アンプ等をオーダーメイドにてチューンアップいたします。